薄情なんかじゃない

何とも久しぶりの日記。

自死遺族としての後悔、自責の念にさんざん苦しめられ、(今も苦しんでるけど)
それから逃避するかのように、他に集中出来る事を目先でも何でもいいから
見つけて、この世の地獄を乗り切ろうと歩んで来た。

それが友達と出かける事だったり、趣味だったり、とにかくいろいろと試行錯誤して
自分を維持出来るように過ごして来た。

そうして過ごす間は、心の苦しさはいくらか緩和され、一般的にごく普通の日常にも見える。
ともすると、妻の事を忘れているんじゃないかともとれる。
いや、忘れるなんて事はあり得ない。
ごく普通の日常にも、妻の想い出、口癖、面影、温もり、軌跡はいつでも甦って来る。

傍目に普通に過ごしているように見えるのは、
自分でも知らないうちに、妻の自死を自分の中に取り込める事が出来ていると言う事だろうか。
どうせ一生抱えていかなきゃいけないのなら、もうそれを自分の一部として迎え入れてしまえ、
そんな状況なのかな。

自死遺族として、一生苦しんで悲しんで落ち続けるばかりが人生じゃない、
自死遺族だって楽しんだっていいよね。
楽しんでたら、不謹慎なのだろうか。薄情なんだろうか。

そんな僕の日常を見ている妻は、何も言わないし、出て来ないから、
それでいいよ、と分かっていてくれているのだと思いたい。

つらい感情はまだまだふとした瞬間に顔を出すけど、かなりなりを潜めている。

こんな感じで進んでいけばいいのかな・・・


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

るい37さん
1ヶ月以上更新がないので、心配していました。
辛い気持ちや後悔は無くなることはないですね。私も主人を思い出さない日はありません。
以前より気持ちは落ち着いてきて、友達に会ったり、少しは楽しめる機会が増えました。それでも、自死遺族としての悲しみ・喪失感は完全に癒やすことは出来ません。
るい37さんも、悲しい・苦しい・寂しい・辛い気持ちを持ち続けている中で、楽しい時間を持つことは決して薄情ではないと思います。るい37さんが常に苦しんでいるより、楽しく過ごしている方が、天国の奥様は安心されると思います。
最近の私は主人の自死は寿命だったと思えるようになりました。1ヶ月に1回ほど夢に出てくる主人は穏やかそうです。あの世はこの世より、彼にとっては楽なんだろうと思うようにしています。

チワワさんへ

ご心配おかけしました。
便りの無いのは元気な証拠、と言う訳では無いですが、
どこかで吐き出さないと耐えられない、苦しい思いが少しは減って来たのかもしれません。

今後、苦しい思いばかりでは無く、ごく普通の何て事ない日常のブログも上げていこうかなと思います。
(それでは自死遺族らしいブログじゃなくなってしまう?)

チワワさん、少しずつですが、自分の中でも変化を感じられるようになったのですね。
それは決して薄情なのでは無く、あの世にいる大切な人もそれを望んでいるのだと思いたいです。
夢の中のご主人の穏やかな表情が、それを証明しているのかもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

runさんへ

お久しぶりです。

薄情な自責の念、そうですよねー、大切な人を亡くした後悔と自責とはまた違った思いとの
戦いですね。
でも決してバチ当たりなんかじゃないと思います。
何をどうやってもこの世を今、生きていくしか無いので、このスタイルになるしか無いのではと思います。

そうは言っても、世間が賑わうイベント期間は未だに苦手ですね。
マイペースで乗り切りたいものです。
お休み、ゆっくり楽しんで下さい。

のあさんへ

元気だから、ここでしか吐き出せないつらい思いが溜まっていないから、
更新が無かったのかなぁと感じています。

楽しいと思える事をムリヤリにでも続けていかないと、もたないですよね。
一人で京都、いいですね、楽しめたのなら何よりです。
散歩も回数や時間をこれからも増やせていければいいですね。

そうして楽しいと思える時間が増えるのは、やはり日にち薬と言うものなのでしょうか。
自分でも知らないうちにその効果が表れていました。

あの世では笑顔で再会したいので、その練習の為にも、
笑顔の時間を増やしていきたいと思います。
一進一退の歩みですが、一歩ずつ確実に歩んで行きましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

月さんへ(多分)

お名前がありませんが、多分、月さんかと。
間違ってたらゴメンナサイ。

どうにか歩みを進められているようで何よりです。
しかも良縁に恵まれたとか、ホントにおめでとうございます。
果たしておめでとうと言う言葉が適正なのかどうか微妙ですが、それでも嬉しい事には違いありません。

月さんには様々な考え方を教えていただきました。
自分では思いもよらない見方をされている事もあり、勉強になるとともに勇気づけられました。

これから、ゆっくり穏やかに自分の幸せを考えて過ごしていってもらいたいと思います。
月さんなら大丈夫です。

どうかお元気でお幸せに。
本当にありがとうございました。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

月さんへ

こんばんは。

あ、私の早とちりでしたね。ゴメンナサイ。(汗)
結婚とか彼氏彼女とか、異性との繋がりはそれだけじゃないと思います。
楽で自由な気持ちで、良縁を楽しめるといいですね。

娘さん、ご卒業おめでとうございます。
月さんも娘さんも、苦しい道程をホントに頑張って来られたと思います。
張り詰めた気持ちになる事が多かったと思いますので、
これからは少しくらい、抜けてる時期があってもいいと思いますよ。

どうか穏やかな時間が増えますように。

時の流れ…

るい37さんへ

いつも率直な文章、心に染み入ります。
息子が逝ってしまって半年弱のころにるい37さんのブログに出会いました。
あれからもう3年半経ちました。
るい37さんの試行錯誤という言葉がよくわかります。

私はまだまだ、落ち込んでいる時間の方が長くて、なかなか、息子の遺言のように「楽しく生きる」ところまでいきません。
でもるい37さんのブログを読ませていただいて、私も時の流れに身を委ねてもいいのかなと少し思えました。

るい37さんのブログの足跡が、そのまま私の希望になるようにも感じます。

今日は大阪は冷たい雨でしたが、夕方からは陽がさしていました。東京は桜の開花宣言がありました。
桜は息子を見送った花ですが、新しい生活を迎える花でもありますね。

皆様に少しでも心安らかな時が訪れますように。

sue

sueさんへ

時の流れに身を委ねる事は決して悪い事では無いと思います。

3年半前からすると、私の思いも状況もかなり変わって来ています。
きっとそれも最初から決まっていたのでしょう。

人それぞれ考え方、感じ方が異なるので何とも言えませんが、
自分のペースで楽しく生きる事を目指して行ければ、と思います。

今日は昨日よりは気温が上がりそうです。
何とか気持ちも上げていきたいところです。

楽に生きること

お久しぶりです。主人が逝なくなってから4年が過ぎました。やっと音楽を聴いたり、TVを見たり、会社の友人と飲み会に行けるようになりました。会社の友人が「やっと来てくれたね。いつも、誘っても来なかったのに、嬉しいよ。」と言ってくれました。少し前に進めてるのかもしれません。
進んでいるかもしれませんが、一日たりとも主人を思い出さない日はありません。会いたくて会いたくてしょうがありません。
でも、私は生きていかなくていけませんから。少しでも楽に生きる方法を模索してます。なかなか見つかりませんが。。。
もしかしたら、私もはたから見れば立ち直ったように見えてるかもしれませんね。

ふーこさんへ

ご無沙汰しております。

例え少しずつでも歩みを進められているようで何よりです。
それでも自死に納得した訳でも無ければ、逢いたい気持ちが小さくなった訳でもありません。

生きていく方法を試行錯誤した結果、自分のしたい事をして、
周囲には立ち直ったように思われるのでしょう。

立ち直る事なんてあり得ないんですがねー。
プロフィール

るい37

Author:るい37
妻を自死で亡くした40代です。

親兄弟にも言えない心のもやもやを吐き出せば少しはラクになるかなと思い、ブログでも書いてみる事にしました。

いつまでもつか分かりませんがね・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR